東京のデリヘル事情

デリヘルはデリバリーヘルスの略で、本番はできませんが無店舗型で気兼ねなく遊べる風俗になります。

東京でも近年需要が高まってきており、男性にとって天国のような場所だとされています。

本番行為はNGで、基本的には全身リップやキス、フェラ、素股、手コキなどを行います。

しかしオプションサービスが別途用意(無料or有料)されているところも多く、コスプレや聖水、即尺など、必要に応じて選ぶことができます。

実店舗型風俗を利用するのはどうしても気が引けるという人は、無店舗型のデリヘルが向いていますし、自宅やラブホテルにデリヘル嬢が来てくれるというサービスが支持されています。

自宅ですとホテル代もかかりませんし、場合によっては交通費負担も無料というケースもあるでしょう。

自宅は嫌だ…という場合であったとしても、ラブホテルであれば格安料金で利用でき、デリバリーヘルスを思う存分堪能することが可能です。

デリヘルですと終電の時間や最寄り駅からお店までの距離を気にする必要はなく、さらに風俗街に近づく必要すらありません。

他の風俗よりもデリヘルは疑似恋愛気分を楽しめるので、プレイ目的以外の人も利用することが多いです。

無店舗型のメリットを最大限味わえるのがデリヘルです。

デリヘルとファッションヘルスの違いって?

名前を見るとわかるかもしれませんが、ファッションヘルスはデリヘルと似たサービスを提供しています。

しかし明確な違いがありますが、それはファッションヘルスは店舗型だということでしょう。

デリヘルは無店舗型ということで注目されて利用者も多いのですが、ファッションヘルスはお店以外ではサービスを受けることはできません。

デリヘルよりも低コストで利用できることもあるのですが、お店によってはモデル並みの美貌を兼ね備えている子もいます。

肝心のプレイについては、本番無しですので、これもデリヘルと同じですね。

歓楽街近くに行った際に軽く利用するといったスタンスの男性が多いですし、給料後には賑わいます。

プレイ内容もほぼデリヘルと同じで、お店によって基本プレイは違いますが、リップサービスが特に人気です。

リップサービスというとやはりフェラチオですが、これ以外にもキスや素股などのプレイを堪能できるのもファッションヘルスの特徴です。

店舗型といえば絶対的な存在でもあるソープがありますが、ソープは店舗数も少なくて利用しにくいこともあります。

しかしファッションヘルスはデリヘルほどではありませんが、店舗数が多くて気軽に遊べます。